速読ライフワーク

独学で速読を習得することをライフワークと位置づけた私の速読ノウハウです☆ 眼球訓練と音声化を極力小さくする方法、周辺視野拡大に特化した速読訓練を行なっています。 速読初心者というよりは、挫折を繰り返している方に独学で速読を習得していただきたいと 切に願うサイトです。 フィードバックを求めるが故、無料公開させていただきます。

七田式

速読習得のための一番のおすすめ右脳(イメージ)訓練

ここで、

速読習得のために、

右脳訓練(イメージトレーニング)がなぜ必要かの

私なりの見解を説明させていただきました。



今回は、

数ある右脳開発訓練の中でも、

速読にもっとも向いている訓練を紹介させていただきます

私が知る限りの範囲ですので、
 もっと良い訓練があるかもしれませんけど






私が速読にもっとも向いていると考えている右脳トレーニングは、

七田式教材の、

右脳開発プログラム『 イマージェリー 』の中で紹介されている、

『 1000コマ記憶訓練 』です





これがどのようなものかご存知ないかたのために、

ちょっと紹介します。



1000コマ記憶訓練とは、



1000枚のイラストを、

頭の中で連想しながら約7分間で、

連続で通して言えるようにする右脳開発訓練
です。



いきなり1000コマのイラストを覚えるのは、

当たり前ですが、非常に大変です


『50枚のイラスト』×『20BOX』に分かれているので、

数日で50枚のイラストを覚えたら、

次のBOXを覚えるというのを、20回繰り返し、

最終的に1000枚のイラストを、

約7分間で言えるようになることを目標にします



例えば、最初の50枚のイラストは以下の通りです。

1000koma
(出典:七田式オフィシャルショッピングサイト)

01:蛙
02:はち巻き
03:土星
04:石炭
05:硫酸
06:ダム
07:蛸
08:牡蠣
09:ハンモック
10:気球
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
50:うぐいす



この50枚のイラストを、連想結合という方法で記憶します。

(以下は最初の10枚のイラストの覚え方です。
 ちなみに、イラストの次のページにこの文章が記載されています。)



たちがはち巻きをして、土星の上に石炭をせっせと積み上げました。

石炭を積み上げたその中に硫酸を注ぎ入れて、ダムができました。

ダムの中にたちが喜んで飛び込みましたが、

たちまち溶けて牡蠣になってしまいました。

牡蠣をハンモックいっぱいに詰め、気球に乗り込み

・・・・・(続く)




実際にやってみていただけたらわかりますが、

この10枚のイラストを覚えるだけでも、

最初のうちは、

う〜んと、、、え〜、、、、っと、、、

脳みそをみりみり言わせながら思い出そうとすると

思います(笑)。




さらには、

短時間でいえるようになって来た時、

その時あなたは、

一生懸命、頭の中のイラストをのぞきにいっていませんか




1000コマのイラストを、

短時間で連続的に唱えることができるということは、

この頭の中をのぞきに行く行為がどんどん最適化されて、

最短ルートができあがってくるということです





つまり、

ここ

で紹介させていただいたように、

速読の際、

頭の中に書籍の活字を連続的に思い描き、

その活字を認識するという最短ルートができやすくなるのです

(さらには、イメージ中の自分の目の前の風景に

 意識をむけてみてください。
 
 その見え方が周辺視野優位の速読の眼の使い方です。)



これが、わたしが

右脳開発プログラム『 イマージェリー 』の中で紹介されている、

1000コマ記憶訓練を紹介させていただいている理由です





それにしても、

別に他の右脳訓練でもいいじゃなか?

頭の中をのぞきに行くという行為としては同じことじゃないの?

と、思われる方もいらっしゃると思います




確かに、

頭の中をのぞきに行くというルートはできるかもしれません。

しかし、その右脳開発の訓練は、、、


どれくらい鮮明にイメージできたら、

 その訓練はできたということになるの??


そして、それは、

速読の大量の活字を大量にさばいていくという、

 頭の回転速度を上げることができるようなイメージ訓練なの



という

2つの疑問を満たすことが出来る訓練なのかを

留意しながら選択することが必要です




例えば、

よく速読書籍に登場する並行処理の訓練のための、

『頭の中に複数の異なる情景を思い浮かべる』という訓練は、

非常に頭(脳みそ)を酷使している気がしますが、、、



あなたご自身のそのイメージと、

速読マスターのイメージの違いってわかります?



ひょっとしたら、あなたは、


その複数の情景を、パターン化してしまい、

実は、訓練自体を簡素化してしまって

いるかもしれません


それで、できたつもりになっている。。。

でも、その違いがわからないし、

達成度もよくわからないことないですか???


誤解を恐れずに言うならば、

あなたは、

その右脳訓練を数ヶ月間続けることができますか??


1000コマ訓練は、単純明快なのです

どのような覚え方、

どのような連想の仕方でもよい。

とにかく、1000コマ(枚)のイラストを

短時間で言えるようになればなるほど、

それが速読習得へつながっているのですから





P.S.

何だか特定の教材を押し進める悪徳のサイトと

勘違いされたら嫌なので、弁解させてください



ご聡明なみなさまでしたらお気づきかと思いますが、

似たようなものを作成すれば、

これを購入する必要は、まったくありません



私の場合は、

出来るだけ早くこの記事を紹介するにあたり、

1000枚もイラストをこしらえて、

さらには、記憶の方法まで作成するという手間がどうしても

割けなかったです


このようなものを作成する時間を考えると、

私自身も、

覚える(トレーニングの)方に時間を割いた方がいいなということと、



七田先生の解釈とはことなるかもしれませんが、

上記したような自分なりの理論がありますので、

子供の教育(知育)のためも兼ねて購入させていただいた次第です


(ようは、価値観の問題ということでご理解お願いいたします。)

速読訓練にイメージ(右脳)訓練がある理由

今回の記事は、

速読の確信部分に触れるよう努力して書いた記事ではありますが、

かなり個人的な見解のため、

私自身も、加筆、修正の余地がまだまだあると感じており、

なんなら削除するのを前提で記載させていただく記事になります。

そういう前提の記事と理解していただいた上で、

寛容な気持ちで読んでいただけたらと思います







速読の訓練には、

イメージ訓練

右脳訓練(右脳開発)がつきものですが、

何故、

何のために鍛えるのか?





鍛えあげた『 イメージ力 』というツールを、

あなたはどのように速読に応用したいのか?


とにかくイメージ訓練さえすれば、

速読が出来るようになるのか?


これはとても大切な問いかけです。



よくわからないまま、成果も認識できないまま行なう

イメージトレーニングほど苦痛なものはない。






ある人は考えています

『それは、イメージを鮮明にするためだ』と。


では、次の文章を普通の読書で読んでみてもらいたい。



『青い空、青い海、

 ギラギラの太陽が僕を照らしつけている。

 汗をかきながら飲む、

 ぎんぎんに冷えた炭酸飲料は最高だ。』


どうだろうか?

普通に読んでも、あなたの頭の中に、

この状況の、

あなたなりのイメージが浮かばないだろうか??


しかも、わりとタイムリーに



真っ青な空と、海の情景以外にも、

真夏の暑さの皮膚感覚も、

炭酸飲料のシュワシュワ感まで

味わった人もいるかもしれない。



あなたがイメージ訓練を繰り返すことで、

この状況がさらに鮮明になり、

青い空のグラデーションや、青い海の波の状況まで、

思い浮かべられるようになったら、

あなたは速読できるようになるだろうか?


あなたが日々行なうイメージ訓練は、

その方向性でよいだろうか?

問いかけてみてもらいたい。







ある人は考えています

『本の活字をそのまま写真のように頭の中に取り込むためだ』と。


おお。。。

それはすごい。。。

そこまでできたら、きっと、速読は出来るようになると思います。

というか、それ、間違いなく、、、

速読より難しいです。。。


ここまでは、必要ないかと思います

これについては、

あなたの普通の読書を思い返せば

すぐに納得してもらえると思います。


普通に自分なりの理解を伴う読書をしたとしても、

全てのページの文字や配列が

記憶に残っていたりしませんよね?

でも、

本1冊を読破したと、満足できているあなたがいる


速読においても同じことです、

ここまでのイメージ化の習得はあるに超したことはないがい、

ここまでは必要でもないのではないかと

感じ取っていただけたらと思います






では、なぜ、イメージ訓練が必要なのか

そのためには、まず、

速読する時は、いったい、

どんな理屈で読むのか、どのような感覚で読むのか、

速読の仕方とはいったいどのようなものかを

知っておく必要があり。

ここ

にまとめてみましたので、読んでみてください。




ここを要約すると、

速読は、

周辺視野で高速に読み取る文字が消えてしまうまでに、

ばばばばっと、頭の中に浮かんだ

『 文字自体のイメージ 』を読み取るという読書行為です。



その時に、

あなたが、『 文字自体のイメージ 』を

頭の中のどの部分に作る(イメージする)のだろうか?





あなたが、物事を思い出す時。

例えば、昨日の晩ご飯を思い出すという行為を行なう時、

う〜ん、、

と、あなたはあなたの頭の中の記憶を探すはずですが、

ずいぶん時間がかかるはずです。




例えば、見た直後の

『 文字自体のイメージ 』を思い出す時に、

う〜ん、、と、

頭のどの部分を探したらこのイメージがあるのか、、、、

なんて考えていいたら、いつまでたっても、

『 文字自体のイメージ 』にたどり着けない。

文字をちょっと見ては、『 文字自体のイメージ 』を探し、

文字をちょっと見ては、『 文字自体のイメージ 』を探す。。。




もし、

その『 文字自体のイメージ 』が記憶される部分に、

簡単にあなたがアクセスすることができるようになったら。

あなたは、連続的に『 文字自体のイメージ 』を

見続けることができないだろうか?

そして、その行為が、速読ということにはならないだろうか?




自分の自身の『 文字自体のイメージ 』を、

 
より思い出しやすい場所に作り出す(記憶する)こと

  そして、

 その場所により速くアクセスできるようにすること



その訓練のために、

イメージ訓練(右脳訓練)があるのです


そのようなつもりであなたが信じる速読書籍の

右脳訓練を試行錯誤しながら行なうと、

より成果が現れると思います

記事検索
HOMEへ☆
bana_sokudoku01
速読のコツ(最新順)
皆さんからの貴重な情報
Amazonライブリンク
応援お願いします☆
今日もご訪問
ありがとうございました

にほんブログ村 本ブログ 速読・フォトリーディングへ

人気ブログランキングへ
おすすめ速読書籍☆

お薦めリラックス音楽☆
楽天おすすめ商品☆
楽天トラベル☆
google広告
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ