速読ライフワーク

独学で速読を習得することをライフワークと位置づけた私の速読ノウハウです☆ 眼球訓練と音声化を極力小さくする方法、周辺視野拡大に特化した速読訓練を行なっています。 速読初心者というよりは、挫折を繰り返している方に独学で速読を習得していただきたいと 切に願うサイトです。 フィードバックを求めるが故、無料公開させていただきます。

中心視野

周辺視野を維持しながら速読を行なうコツ(行間を読む)

当サイトや、

他の速読書籍を読むにつれ、

周辺視野を維持しながら読書を行なうことが

速読につながることは理解できるが、、、



速読訓練で周辺視野を意識して行なっていても、、



だんだん、

普通の読書の『 中心視野が優位に働いた状態 』になり、

『 周辺視野を優位にした状態 』を維持できない



という方は、是非以下の2点に留意して、

速読訓練を行なってみてください



『 文頭 』に視線をもっていかない

ことと、

『 行間を読む 』

ことです







『 文頭 』に視線をもっていかない

について解説します。


通常の読書は、

視線を、ページの右上の『 文頭 』に持って行くことから

始めていると思います。

あなたはもう、それを何年続けてきたことでしょうか



視線を『 文頭 』にもっていった瞬間、

パブロフの犬状態(条件反射)で、

ついつい、

普通の読書の『 中心視野を優位にした読書 』を

発動していまうのです


周辺視野を意識する場合、

視線を文頭に持っていかなくても、

『 文頭 』の最初の一文字は認識できるかと思いますので、

文頭の3文字でも4文字でも下の文字に、

最初の視線を持って行くようにしましょう



そうすることで、

『 中心視野 』が優位に出にくくなるはずです




つづいて、

『 行間を読む 』

について解説します。


周辺視野を意識して読むということはつまり、

『 中心視野 』で文字を捉えなければ良いのです。


本の、

『 行 』と『 行 』の間の『 行間 』に

視線を持って行くと、

中心視野は『 行間の白紙分 』をみてしまっているため、

文字を捉えようとすると、

周辺視野を用いるしかなくなるのです


必然的、強制的に、

中心視野を消失させることができるのです






先ほど解説しました、

『 文頭 』に視線をもっていかない

『 行間を読む 』

を意識した速読の眼の動きを図解すると、

下の2枚の写真のような感じです。 

IMG_0104
 順・逆に視線を動かす方法


IMG_0101
円を描くように視線を動かす方法

 

『 文頭 』に最初の視線を持って行かず、

また、

『 文字の上 』に視線を走らせるのではなく、

『 行間 』をできるだけ意識して視線を走らせて

いるのがわかっていただけたらと思います


これ以外にも、

どのような視線の動かし方においても、

この方法を応用して速読訓練に取り組んでみてください 

速読における正しい周辺視野の使い方と誤った中心視野の使い方(図解)

速読は周辺視野を用いなければ、一生習得できないので、

いままでの読書から脱皮していただき、

パラダイムシフトを起こしていただきたいと切に願い、

これまで周辺視野について、

ここ(周辺視野カテゴリ)にまとめているように、

数々の記事を紹介させていただきてきました




しかし、まだまだ周辺視野の用い方において、

誤解の余地があるようですので、

今回、図解入りで、

速読の眼としての周辺視野の解説をさせていただきます



ずばり、速読の周辺視野の用い方は、

下の図のような用い方です

shiya05
これぞ速読の周辺視野の用い方


以下、中心視野を用い続ける誤解と、

誤った周辺視野の用い方を例にして、解説していきます






図①は、中心視野を用いた誰もが行なっている、

通常の読書の状態です。

この状態が普通の読書の状態として、、、

shiya01
図①:中心視野を用いた普通の読書


図②のモデルが、

速読に対するもっとも重大な誤解で、

これゆえ、

速読訓練の挫折者が多いのではないかと私は思っているくらいです。

私もそうでしたから、、、

shiya02
図②:中心視野を拡げるという誤解


通常の読書は、中心視野で行なっているのだから、

図②のように、中心視野を拡大していくことで、

多くの意味を拾えるようになり、

つまりは速読につながると、誤った早とちりをしていませんか?。



どこのどの速読の書籍にそのようなことが記載されていますか?

中心視野を拡大すればいずれは速読につながるというのは、

あなたの勝手な誤解です


どの訓練にも、

中心視野拡大訓練とは書いていないですよね?


これはご自身の読書経験に周辺視野を用いて読書をするという発想が

ないため生じる誤解だと思います。


中心視野を拡大しようとしているうちは、

速読習得への遠回りですので、早めに脱却しましょう






さて、数ある速読サイトの中から、

当サイトを探しあてたみなさんは、

どうやら『 周辺視野 』 を鍛えなければならい

と気づき、

試行錯誤されている方が多いかと思います




今では確信を持って、

『 速読は周辺視野を用いる 』と言っている私ですが、

これまでに図③、図④のような誤った周辺視野の用い方を

していたことがあります



もし、あなたが試行錯誤されている速読における周辺視野の用い方が

図③、図④のようでしたら、

この記事の情報はあなたの速読習得にとって、

大変重要な概念になろうかと思います




速読習得のための誤った周辺視野の用い方の一つ目は(図③)、

周辺視野を用いようと、

周辺視野を意識しているものの、

結局は『 中心視野 』で文字を見ているパターンです。

shiya03
図③:周辺視野を意識しているが結局中心視野を用いた見方


お察しの通り、これは速読ではなく、

単に、周辺の文字を意識しながら行なっている普通の読書であり、

速読にはつながりません

(中心視野脱却の第一ステップではあります



あなたがこの誤った周辺視野の用い方をしているかどうかを

見分ける方法があります



その状態で読書をしてもらって、

ランダムにピタッと、

眼球の動きを止めた時に、

本の文字(活字)に焦点があってしまうようでしたら、

図③のパターンです

早めの脱却を試みましょう

それとは違い、眼球の動きを止めた時に、

どこにも焦点があっていないようでしたら、

速読の眼に近い状態だと考えられます






二つ目(図④)の誤った周辺視野の用い方は、

周辺視野を全開に拡げて、

周辺視野の中心から完全に離れてしまった端の端の、

認識感度がうす〜〜い部分で速読を試みようとしている状態です。

shiya04
図④:周辺視野の中心から離れすぎた視野で速読をしようとする


この状態の人の中で最も多い嘆き(見解)は、

『 周辺視野 』なんかで文字は識別できない!!

というものです。



この段階の方は、

潜在意識を用いた眼球の使い方の認識が薄い方だと思います。



多分ですが、私の経験上、

周辺視野で文字を識別できないとお考えの方は、

周辺視野を拡げよう、拡げようとして、

眼球の動きが止まっていませんか?

眼球の動きを止めて、周辺視野で見よう見ようとしていませんか





となると、

やはり、

周辺視野の用い方にさえ、

パラダイムシフトを起こしていただくしかありません



速読における正しい周辺視野の用い方は、

冒頭で述べたように、下図のような用い方です

shiya05
これぞ速読の周辺視野の用い方


 
周辺視野を用いるといっても、

図③のような、周辺視野の端の端は用いません


中心視野に近い部分で、中心視野を無くした状態で、

とっても濃い周辺視野の状態を作るのです



速読では、この状態の周辺視野を用いるため、

中心視野を用いた普通の読書ほど眼球を無駄に動かす必要がなく、

さらにリズミカルに高速に眼球が動いて行くことで、

文字(活字)を認識していくのです



この速読に適した周辺視野を作るための最大のコツは、

文書を読む時に『 文字(活字)』でなく、

『 行間 』に意識を持って行くことです

図③の状態で、意識を『 行間 』に持って行くことで、

この正しい速読の周辺視野の用い方のコツを掴めるかと思います

中心視野と周辺視野の情報処理速度の違い

大脳生理学の権威、

ウィン・ウェンガー博士の研究成果として語られている内容ですが、


中心視野の情報処理速度

 通常意識(顕在意識)で 
 
 40bps(1秒間に40ビット)




周辺視野の情報処理速度

 無意識(潜在意識)で

 10,000,000bps(1秒間に1000万ビット)


だそうです。




計測方法の根拠が記載されていませんので、

鵜呑みにはできませんが、

とにかく、


中心視野で見るより、

周辺視野で見る方が、

処理速度が圧倒的に早い
ことがわかります




この事実は、速読が、

周辺視野を用いて行なうという根拠になろうかと思います





参考:ウィン・ウェンガーの書籍
 

中心視野と周辺視野の特徴から速読を考える

人がものを見るときの見方(見え方)は
『中心視野』『周辺視野』の2つに分類されます。
以下、特徴をまとめるとともに、
何故、速読は周辺視野でなければならないかを
まとめさせていただいております

syuhentotyushin2

続きを読む

速読における周辺視野とは

本を開いていただいて、

どこでもいいので、一カ所に視点を留めます。
視点を留めている場所の文字は、はっきりくっきり
認識することができると思います。
これを、『中心視野』の領域といいます。

そのまま視点を動かすことなく、
2、3行前後の文字に意識を持って行ってみてください。
はぼやけて文字が書いてあることは
わかるが、何を書いているのかまではわからない
領域があると思います。
これが、速読における『周辺視野』の領域です。

sokudoku04
上の図でいうと、
『トレーニング』という文字に視点を留めていると、
そのまわりの文字はなかなか見えにくいと思いますが、
これが、周辺視野で文字をみている状態です。

速読は、この周辺視野を駆使して行ないます。

上述した状態は、周辺視野と中心視野が混ざっていたと
思いますが、
速読は中心視野が全くない、
どこをみても周辺視野のみとなる眼の使い方
できるようにならなければできるようにならないと
考えいています。

本サイトに紹介している高速移動眼球訓練を、
とにかく続けていると、この、周辺視野のみの眼の使いたかが
わかるようになってくるはずです。

いままで(中心視野)の読書だけでなく、
周辺視野での読書があるのか!!
と気づけた時、
速読も近づいてくるのではないかと思っています。



記事検索
HOMEへ☆
bana_sokudoku01
速読のコツ(最新順)
皆さんからの貴重な情報
Amazonライブリンク
応援お願いします☆
今日もご訪問
ありがとうございました

にほんブログ村 本ブログ 速読・フォトリーディングへ

人気ブログランキングへ
おすすめ速読書籍☆

お薦めリラックス音楽☆
楽天おすすめ商品☆
楽天トラベル☆
google広告
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ