速読ライフワーク

独学で速読を習得することをライフワークと位置づけた私の速読ノウハウです☆ 眼球訓練と音声化を極力小さくする方法、周辺視野拡大に特化した速読訓練を行なっています。 速読初心者というよりは、挫折を繰り返している方に独学で速読を習得していただきたいと 切に願うサイトです。 フィードバックを求めるが故、無料公開させていただきます。

右脳トレーニング

左手で箸をもって字を書いてマウスを操作して右脳を鍛える

もう、20年以上?も前から、


左脳:言語・論理的な内容を受け持つ

右脳:映像・図形・イメージ処理・空間認識
   等言語を介さない認知を受け持つ


という内容が一般的に話されています。




もう何年も何年も前の話になりますが、

当時学生だった私は、、、



・・・ということは、

速読は、右脳を使うと言われるもなのだから、

左手をできるだけ使えば、右脳が活性化されて、

速読ができるようになるのでは



という、

速読ができるようになって天才になるための、

まったく天才的とは思えない発想で、


 食事は左手で箸を持つ(本来の利腕は右手)

 鉛筆も左手で書く(本来の利腕は右手)

 マウスは左手で操作する(本来の利腕は右手)


を、数年実行していました

(ちなみに今も継続中、、、もう習慣になってしまった




結論どうなったかと言うと、


 食事は左手で箸を持って器用に魚まで食べられますし、
  
  むしろ箸の持ち方は利腕の右手より上手なくらい


 鉛筆は、速記はできず、
 
  きれいな字ではないが、普通に文字が書けます


 マウスは左手で操作出来るようになり、

  右手でメモを取ることもできるし、

  キーボードの矢印ボタンを右手で触れるので、

  非常に仕事の効率が上がった



だけでした・・・。


・・・当時、

はまだ速読について今のように突き詰めて考えていたことは無く、

結果、

両手を使える器用な人間が一人出来上がっただけでした



ただ、まったく効果がないとは言えないかもしれません。

左手で箸を持って食事をしようとしていた最初の頃は、

高速視線(眼球)移動訓練

同じように、脳みそがもやもやみりみりして、

いかにも脳を鍛えている感覚があったからです

マウスも、鉛筆も同じです。




ただ、1年もして左手を使うことに慣れてくると、

もう、利腕の右手を使っているのと同じ感覚で、

脳みそはまったく悲鳴を上げず、

刺激されることのない退屈な状態です。

脳を鍛えているという感覚はほとんどありません

(しいていうなら、

 左手で文字を書いている時は、
 
 まだ使いこなせていないため、脳が刺激されている感覚があります)



以下が、今回伝えようとしている部分ですが、

左手を使おうが、右手を使おうが、

うまくできないな〜と、脳を酷使している状態でないと、

脳を鍛えている状態にはならないのでは無いかと。。。


そして、

脳を活性化させるという行為において、

左手を使うというのは、

あくまで左手を使っているだけなので、

左手を上手に使おうとする脳の部分が活性化されている

だけのような気がします。


脳を活性化させる訓練はたくさんあるが、

速読を習得するための脳を活性化させるのは、

どのトレーニングが良いかを吟味されると、

速読習得は近づくかと思います




当サイトで特におすすめしている速読習得のための

右脳開発訓練は(今のところ)、

高速視線(眼球)移動訓練

高速連続イメージ想起

です。


(脳の活性化の柔軟体操的な感じで

 左手を使ってみるのは良いかと思います。)





ちなみに、、、

左脳:言語・論理的な内容を受け持つ

右脳:映像・図形・イメージ処理・空間認識
   等言語を介さない認知を受け持つ

という内容ですが、

現在、医学的に、証明されているわけではなく、

あくまで、通俗説のようです。

最初に右脳、右脳と言い出した人がいて、

説得力があるから助長した人がいて、現在に至るといった感じのようです。



天才と言われている人達は、

右脳も左脳もバランスよく使っているのが本当のところのようです

会話(しゃべり言葉)を文字にして頭に思い描く訓練

速読のやり方は、

ここ

で説明させていただいたように行ないます



ここ、に記載させていただいているように、

『 活字そのものをイメージ化 』することが、

速読中の意味を拾う時の作業として必要になってきますが、


その、

速読のためのイメージ化の補助訓練として、

いつでもどこでも思いついた時にできる、

『 会話(しゃべり言葉)を文字にして頭に思い描く訓練 』

を紹介させていただきます






人と会話している時、

会議中、

講義(授業)中、

話している人の言葉を、

そっくりそのまま、

『 頭の中に活字に置き換えてイメージする 』

のです




例えば、授業中、

『ここは重要だから、テストに出すからメモしておくように』

と、先生が言ったとすると、

そのしゃべり言葉をそのまま、

『ここ重要だから、テストに出すからメモしておくように』

『 文字 』で連続的に頭に思い浮かべて行くのです。



最初の慣れないうちは、ひらがなで構いません。

『ここじゅうようだからてすとにだすからめもしておくように』

という具合です。


慣れてくると『 漢字 』 も織り交ぜていきます

最初は一文字ずつかもしれませんが、

だんだん多くの文字数でイメージできるようになってきます



高速でどんどん『 話し言葉の活字 』をイメージするためには、

頭の中のどこにイメージするとイメージしやすいのか、

頭の外にイメージもできるのではないか?

等、試行錯誤しながら、

イメージしやすい場所をさがして行きましょう






この、

『 会話(しゃべり言葉)を文字にして頭に思い描く訓練 』

を行なっていると、

結果的に、

人の話を一生懸命聞くことになりますし、

頭の中のイメージを保管している場所に

つながっているので、映像も浮かびやすくなります



そのため、

普通に聞き流している時より、

相手が何を伝えたいのか、その意図を組みやすくなると思います


講義(授業)中や、仕事での会議中に、

 この訓練をしながら臨むと、

 いつもより内容を理解しやすくなるかもしれませんし、



人の悩み相談する時に、

 テクニックとしてこの方法を用いると、

 あなたは『 聞き上手 』と 言われるようになるかもしれません



速読の訓練となるだけでなく、

これらのように、生活の役にたつようなうれしい効果も期待できる、

おすすめの右脳トレーニングです 
記事検索
HOMEへ☆
bana_sokudoku01
速読のコツ(最新順)
皆さんからの貴重な情報
Amazonライブリンク
応援お願いします☆
今日もご訪問
ありがとうございました

にほんブログ村 本ブログ 速読・フォトリーディングへ

人気ブログランキングへ
おすすめ速読書籍☆

お薦めリラックス音楽☆
楽天おすすめ商品☆
楽天トラベル☆
google広告
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ