速読ライフワーク

独学で速読を習得することをライフワークと位置づけた私の速読ノウハウです☆ 眼球訓練と音声化を極力小さくする方法、周辺視野拡大に特化した速読訓練を行なっています。 速読初心者というよりは、挫折を繰り返している方に独学で速読を習得していただきたいと 切に願うサイトです。 フィードバックを求めるが故、無料公開させていただきます。

平行法

速読の眼(周辺視野)の作り方

周辺視野の領域とはここに書いたような

視界の範囲のことですが、


周辺視野を優先的に使う眼の使い方は、

ここに書いてある ように、

速読を習得する上で非常に大切な眼の使い方です



以下の方法で比較的簡単に、

周辺視野状態を体験できると思いますので、

行なってみてください





周辺視野の体感には、2方向からのアプローチがあります。

高速眼球移動からのアプローチ

イメージからのアプローチです。




 高速眼球移動からのアプローチ

 ・ここで紹介している高速眼球訓練を行う 

 ・電車の中で通りすぎる風景をジット見た時

 ・貨物電車が通りすぎるのをジット見た時



 これら3つのうちどれでもいいので、

 これらを行なった直後のご自身の眼の見え方に注目して
 
 みてください。

 この時に、眼の焦点を意識的に元に戻さず、

 そのままの状態で本などをみていただけたらわかりますが、

 どこにも焦点があっていない、

 周辺視野での眼の使い方になっていると思います。
 


イメージからのアプローチ

 ・昨日の晩御飯を思い出してみてください
 
  その思い出している時のあなたの眼はどのような

  使い方になっていますか?
 
  それが、周辺視野を用いた眼の使いかたです。

 ここで紹介しているように、

  自分のおでこに大仏様のようなぶつをイメージして、  

  そこから、ビーム光線がでているのをイメージします。
 

  その状態で本を開いて読んでみます。

  視線を動かそうとするのではなく、
 
  ビームを動かして、ビームが当たっている文字だけを

  認識しようとしてください。

  どうですか?

  これまた、どこにも焦点があっていない、

  周辺視野での眼の使い方になっていませんか?

 ・肩から、にょきにょきと、

  もう2本仮想の腕がはえていると想像してみます。
  
 
  本を開いて、その想像の手で本の文字を触ってみてください 。
 
  想像の手で文字を触っていると、
 
  イメージしようとするので、

  焦点が定まらず、これまた中心視野が消失して、

  周辺視野での眼の見え方になっているはずです。




  よく、速読の眼の使い方は、ここで紹介しているように、

  3Dに浮き上がってくるマジカル・アイなどの本で紹介されている、

  立体視である『 交差法 』や、『 平行法 』
 
  に例えられますが、ここまで眼を寄せてしまうと、

  映像が二重になってしまうので、
  
  速読の眼としては適切ではありません。

  雰囲気を掴むには良いと思います
  




 いかがでしたでしょうか?。

高速眼球移動からのアプローチ

イメージからのアプローチ

 どちらでも良いので、周辺視野を用いた眼の使い方を

 体感することが出来ましたでしょうか?

 速読には、周辺視野を用いた読書が不可欠ですが、

 それがどんなものかわからず、

 方向性もわからず試行錯誤するのは、

 あまりにも時間と労力がもったいないと思い、

 まとめさせていただきました
 
 この記事が皆様のお役にたちますように。
 

周辺視野の状態で視線を動かしたり正面を見ることも可能

最初のうちは、
視線を動かすと周辺視野状態を維持できないと思い込み、

・ぐわっと、眼を見開いた状態だったり、

・視線をほとんど動かせない状態

でしたが、訓練しているうちに、

視線を動かしながらでも周辺視野を維持できることと、

眼に力をゆるめても周辺視野を維持できること
に気がつきました。


この状態で、読書をすると、
本が大きく見渡せて、視線も大きく動かす必要がないので、
速読の状態に非常に近いのではないかと
感じています。


この正面を向いて眼の力を緩めても周辺視野を維持している
状態に近いのは、
3Dに浮き上がってくるマジカル・アイなどの本で紹介されている、

交差法や平行法の状態だと思います。

私の場合、平行法を行なおいうとして、
眼に見える画像が二重になったりかすんでしまう直前の状態が、
この、眼の力を抜いた状態で周辺視野を維持できる状態に
近いのではないかと感じています。

交差法でも同様の状態をつくれますが、
私の場合、
平行法の方のより眼の力を抜くことができます。


ちなみに私が使用しているのは、
平行法の感覚を身につけるだけなので、
どの本を選んでいただいてもよろしいかと思います


本の購入はアマゾンが送料無料でお得です▶マジカル・アイ



記事検索
HOMEへ☆
bana_sokudoku01
速読のコツ(最新順)
皆さんからの貴重な情報
Amazonライブリンク
応援お願いします☆
今日もご訪問
ありがとうございました

にほんブログ村 本ブログ 速読・フォトリーディングへ

人気ブログランキングへ
おすすめ速読書籍☆

お薦めリラックス音楽☆
楽天おすすめ商品☆
楽天トラベル☆
google広告
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ