速読ライフワーク

独学で速読を習得することをライフワークと位置づけた私の速読ノウハウです☆ 眼球訓練と音声化を極力小さくする方法、周辺視野拡大に特化した速読訓練を行なっています。 速読初心者というよりは、挫折を繰り返している方に独学で速読を習得していただきたいと 切に願うサイトです。 フィードバックを求めるが故、無料公開させていただきます。

情報処理速度

速読する時の読み方(速読の仕方)

本を速く読む方法には、

テクニックを駆使する読書術と、

一般的な速読の2通りがありますが、 

当サイトで紹介させていただいておりますのは、

ここ

でも記載している通り、

普通に読んでいるつもりでも、あまり時間が経っていないな。

という感覚の、速読法です。





以下の私なりの感覚ですが、まだまだ、

加筆、修正の余地があると思います。ご了承ください





速読とは端的に、


ズバリ、




本の『 活字そのもの 』を、

頭の中にイメージして、

その頭の中の『 活字そのもの 』のイメージを読んで行く




のです。







つまり、

『 みかん 』 という活字においていうなら、

『  』←このようなミカンの実際のイメージを、

頭の中に思い浮かべるのではなく




『 みかん 』という、活字そのものを、

頭の中に思い浮かべて、

その
活字のイメージが消えてしまう前に、

『 みかん 』を頭の中で読む(認識する)ように心がけるのです。

思い出すように読むという感覚です。




頭の中の『 みかん 』という活字を

あたまの中で認識できた時に、

自分なりの理解が行なわれるのです



解説


ここや、ここ

で紹介させて頂いている訓練を丹念に続けていくと、

周辺視野を優位に使う眼の使い方が習得できます



そして、この周辺視野状態は、

ここ

で紹介しているように、

通常の読書である中心視野を用いた読書よりも

圧倒的な情報処理速度があります。




ここで、

私なりに自分自身の読書を観察してみた時の感覚ですが、


通常の読書は、

 活字→ 中心視野(顕在意識)

 →音声化 →自分なりの理解

 →自分なりのイメージがわき上がる

ですが、



速読は、

 活字→ 周辺視野(潜在意識)

 →活字そのもののイメージ →自分なりの理解

 →自分なりのイメージがわき上がる

です。



通常の読書と、速読の違いは、

中心視野で『音声化』に重点を置くか、

周辺視野で『活字そのもののイメージ化』に重点を置くか


の違いですが、



前述している通り、

速読は、周辺視野を駆使して行ないます


周辺視野だと、

情報処理の速度が中心視野で見た時より圧倒的に早いので、

周辺視野で見た活字(文字)そのものを、

リズミカルに連続的に、

描きながら読む(思い出しながら読む)ことで、

中心視野を用いるより、早い速度で文章を読むことが

出来るようになります



これが私の考える速読の原理であり速読の読み方です





小説等を読むと情景が思い浮かぶことがあると思いますが、

それは、通常読書でも、速読でも同じです。

自分なりの理解が伴っている場合は、

勝手にイメージングされます


また、

速読は、文字そのものをイメージします。

イメージングの最中は、音声化されにくくなりますので、

読書の際の音声化は、必然的に減ってきます

中心視野と周辺視野の情報処理速度の違い

大脳生理学の権威、

ウィン・ウェンガー博士の研究成果として語られている内容ですが、


中心視野の情報処理速度

 通常意識(顕在意識)で 
 
 40bps(1秒間に40ビット)




周辺視野の情報処理速度

 無意識(潜在意識)で

 10,000,000bps(1秒間に1000万ビット)


だそうです。




計測方法の根拠が記載されていませんので、

鵜呑みにはできませんが、

とにかく、


中心視野で見るより、

周辺視野で見る方が、

処理速度が圧倒的に早い
ことがわかります




この事実は、速読が、

周辺視野を用いて行なうという根拠になろうかと思います





参考:ウィン・ウェンガーの書籍
 
記事検索
HOMEへ☆
bana_sokudoku01
速読のコツ(最新順)
皆さんからの貴重な情報
Amazonライブリンク
応援お願いします☆
今日もご訪問
ありがとうございました

にほんブログ村 本ブログ 速読・フォトリーディングへ

人気ブログランキングへ
おすすめ速読書籍☆

お薦めリラックス音楽☆
楽天おすすめ商品☆
楽天トラベル☆
google広告
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ