速読ライフワーク

独学で速読を習得することをライフワークと位置づけた私の速読ノウハウです☆ 眼球訓練と音声化を極力小さくする方法、周辺視野拡大に特化した速読訓練を行なっています。 速読初心者というよりは、挫折を繰り返している方に独学で速読を習得していただきたいと 切に願うサイトです。 フィードバックを求めるが故、無料公開させていただきます。

潜在意識

速読の原理

『 通常の読書 』と『 速読 』のやり方の違いに、

中心視野と周辺視野を用いるとうことを今までに論じてきましたが、

今回は、根本的な速読の原理を説明してみたいと思います。

今回も、私の独自の感覚になります

もっと別のうまい表現があればいいといつも思うのですが





通常の読書では、図解するまでもなく、

中心視野を活字の上に意識的に走らせ、

追唱(ついしょう)して(頭の中で声に出して)

意味を拾っていきます。


一方、速読は、

無意識が勝手に追ってくれた活字を周辺視野で捉える

という感覚になろうかと思います


『 行 』を追う、『 活字 』を追う

最初の動きを意識的に行うのが普通の読書で、

無意識に追わせるのが速読になろうかと思います


活字を追いたがっている無意識(潜在意識)の営みに気がつくこと。

これが速読の根幹だと思います。



今回のこの表現は、

かなり速読の原理に迫っているのではなかろうかと思います






当速読サイト(速読ライフワーク)では、

高速視線移動訓練を推奨しておりますが、

視線を限界近くまで動かしていると、

ある時、

視線の動きより、

意識が先行して動いていくという感覚を


体験して頂けるはずです



速読学習者は、本を使った速読訓練の際、

この、

読もうとしている行より先の行へまで視線が高速で移動している感覚

に気がつくこと。これがとても重要です

(眼球が自動で動くので、

 その動きで1行1行追っていくというのではありません。

 意識が勝手に行を追っていくという感覚です。)

これが、速読習得のための根本の原理ではないかと思います



視線が勝手に高速で走ってくれたあと、

その追った行を

周辺視野で包み込むように眺めるのです



無意識が視線を追っているという営みは、

わずかな変化だと思いますが、

この変化に気がついてあげる
と、

普通の読書をするように1行1行読んでいても、

5000(文字/分)はいけるようになると思います





周辺視野で1行ずつ順に活字を追っていると、

 2・3行先の行が、ちょっと光が走ったように見える

 2・3行先の行にさささささと視線が走っているように見える

 2・3行先の行でも視野に捉えられている

 2・3行先の行が微妙に振動して見える


などなど、人によっては様々な表現になり、

私自身どう表現していいか分かりませんが、

私の場合、2・3行先の行が微妙に振動して、

ちょっと光が走ったように感じます



とにもかくにも、勝手に視線や意識が活字を追っている

という小さな変化に気がつくことです


眼球の動きがなめらかでないと、気付けないほど、

わずかな営みです。

眼球の動かし方に振れが多い時(無駄な動きが多い時)は、

この微かな営みに気がつくことができにくいと思います。




周辺視野のややうすいところに意識を置いてみたり、

周辺視野でなぞろうとする行の2・3行先の行に意識を向けて見ると、

この感覚を感じやすいかもしれません





最後に注意点としては、

大前提として、頭がフル回転している必要があります

高速ページめくりや、高速視線移動訓練を行なった後、

本を読んでみると良いです。


がんばろうとすると、眼球の動きがでしゃばってきますが、

無意識(潜在意識)が活字を追うのはむしろ頑張らない方向の方が、

発動しやすいです


加速したぞ、あとは頼むぞ的な、

お任せする感じが丁度いいです


微動な視線の動きを崩さないように、保っていたら

だんだん無意識(自動)でできるようになってきます。


意識的に動かそうとするのではないので、

勝手に眼球の動きは細かくなってきます。

滑らかで加速され、

ブレが少ない視線の動きで読んで行けるようになります

速読における潜在的(自動的)な視線の動きは小さく細かい

速読の潜在意識(自動的)の視線の動きについては、

ここここでも取り上げていますが、

誤解の余地がまだあり、

視線の動かし方を誤解されている方もいらっしゃいましたので、

今回は、もう少し掘り下げてみたいと思います





通常の読書の視線の動かし方は、

中心視野で、行の頭から末まで、図①のように視線を走らせます。

shisennougoki01
図① 通常の読書の視線の動かし方



しかし、速読における潜在意識の視線の動かし方は、

小さく細かいものの、

図①のように1回の視線の動きで、

行の頭から末までをカバーするような動きを

そのまま高速にしたものではありません



通常の読書と同様、1回の視線の動きで1行全体をカバーしよう

としたら、速や読みは出来たとしても、

速読にはたどり着かないかも知れません

視界が大きく振れてしまい、

手ぶれのビデオカメラで撮影した映像を確認した時と同じように、

視線の動きは速く感じるものの、

意味を拾えないのではないかと思います






では、速読中の潜在意識(自動的)の視線の動きは

どのようなものかと言いますと、図②のような感じになります。

(今回は1行見た時の図解です)

shisennougoki02
図② 速読の潜在意識の視線の動き


周辺視野でもわっと全体を捉えた状態で、

潜在意識(自動的)の視線の動きは、

図②の赤線のように、小さく細かい奇跡になります



1行をもわっと捉えながら(意識的な視線の動きは上から下に動く)、

潜在的な視線の動きは、

小さく細かく、その一行の中にある活字を、

行ったり来たり、重複しながら、

何度も塗りつぶすように動きます



スクラッチを削る10円玉のように、

何度も動き、

活字を認識できる部分を増やして行くような感覚です


きざぎざ動きながら、

何度も同じ活字の上を
視線が通過しているというのは、

この視線の動きの特徴かと思います






ちなみにこの視線の動きは、

高速視線移動訓練を続けているうちに、

眼球がより小さく滑らかに動くようになるため、

動いている感覚もほとんどなく、

むしろ、

中心視野で視線を動かしている時より

視界の振れは小さく感じるようになります



結果的に、

ちょっとした意識的な視線の動きの中で、

『 1行全体を視野にとらえている 』錯覚に陥ることもあります

(人によってはこれが、

 ぱっとみて1行を認識するという表現になるのかもしれません。)




中心視野を用いての普通の読書は、

1行1行視線を走らせて行くことに意識を向けますが、

速読における周辺視野での視線の動きは、

視線がどう動いているかというよりも

いかに多くの活字を脳に移せるかということに

意識をむけるイメージになります

 

速読で視線の動かし方を円運動で行なう時の解説

速読の視線の動かし方は、

ここで紹介させていただいておりますが、

今回、この中から、

円運動での視線を動かす速読の仕方について、

さらに解説を深めて行きたいと思います



速読の読み進め方の一つに、

下図のような形の円運動で速読を行なうということを

ここで紹介しておりますが、

IMG_0100

この記載だけでは、

この上図の赤色の矢印の軌跡の解釈を、

『 文後半から読み始めて文末を読んだのちに

 文頭に視線が返るような不規則な順序になるため、

 見た文章を一時記憶して

 頭の中で再構成しなければならないのか? 』


と思ってしまいます。

(私も最初そう思っていたことが思い出されます


私自身、

速読書籍を読んでもこの辺のところを詳しく解説

してくれているものがなく、腑に落ちないいら立ちを

感じながら速読訓練していたことがありますので、

この記事が、

みなさまの速読訓練の一つの助けになれればと思います

(速読書籍に記載されているものがありませんし、

 私自信の速読の方法ですので、

 もっといい方法もあるかもしれませんし、

 今後、私自身も発展して別の感覚になる可能性もあります。

 今現在の感覚を文章にしますのでご了承ください

 なお、今回は速読レベル10000(文字/分)

 までの感覚としておきます。)







最初はあまり大きな円を描こうとせず、

3行を目安に円を描くところから

本を使った速読訓練をやられたらよろしいかと思います

なので、ここでは3行の時の解説をします

IMG_0331

最初の3行を読み終わったあと、

次の3行を読みに行きますが、

その時の軌跡が、となります。



はつまり、

次の3行の末行(3行目)へ

視線を移動させている時の軌跡
になります。


次の3行の速読のための視線を送る工程ですので、

視線を移す際のスピードも、さっと流す程度です


ただ、せっかく視線を動かしているので、

ちょっとだけ欲張ってみます

この時、下から上に円の軌跡を描いている間に、

1行目(文頭から文末)・2行目・3行目と、

(実際はもっとぐちゃぐちゃ潜在意識の方の視線が動くので、

 順番にこだわる必要もなく、とにかく全部の文字を

 視野に映せたらオッケイ)

ざざざっと、意味を把握しなくてもいいので、

3行の文字全部が視野に入ったようにします。


とにかく潜在意識の方の眼球の動きは、

どんな動きでもいい
ので、

ここでは周辺視野で3行捉えられれば良いのです



続いて、

は、と同じ工程でも良いし、

これから解説するの工程のどちらでもよいかと思います。



ですが、

この時に、よりゆっくりした速度で、

(とは言っても3行で1.0~1.5秒程度かと思いますが)

1行目(文頭から文末)・2行目・3行目と周辺視野の、

潜在意識の方の眼球の動き速読(意味を把握)して行きます




については、と同じ工程です

以上が、視線の動かし方の細かい解説です。



まとめ

でさっと視線を動かしますが、

この時にさささっと内容の予習をして、

が本番の速読を行なうのです

は速く、はそれよりゆっくりと、

速度に強弱があり、リズムよく速読できるかと思います






上記した意識的な視線の動かし方が

分かって来たら、

この後にぶち当たる壁がきっと、

潜在意識の方の視線の動きの性能なってきます


こっちの視線の動かし方はもっと大切なことで

今後詳しく記載していきますが、

さわりだけ記載しておきますと、

この潜在意識の視線の動きが極まってくると、

行の始めから末までほぼ視界がぶれることなく

文字も認識できて、動かせるようになります



ポイントは、

ぼわっと全体(見開き2ページ)を視野に入れること

意識することです

詳しくはまた別の記事で

中心視野と周辺視野の情報処理速度の違い

大脳生理学の権威、

ウィン・ウェンガー博士の研究成果として語られている内容ですが、


中心視野の情報処理速度

 通常意識(顕在意識)で 
 
 40bps(1秒間に40ビット)




周辺視野の情報処理速度

 無意識(潜在意識)で

 10,000,000bps(1秒間に1000万ビット)


だそうです。




計測方法の根拠が記載されていませんので、

鵜呑みにはできませんが、

とにかく、


中心視野で見るより、

周辺視野で見る方が、

処理速度が圧倒的に早い
ことがわかります




この事実は、速読が、

周辺視野を用いて行なうという根拠になろうかと思います





参考:ウィン・ウェンガーの書籍
 

潜在意識を利用して速読するとはどういうことか

速読は潜在意識をもちいて行うのだ。

と、速読の書籍や教材はには繰り返しかかれています




では、潜在意識での読書ってなんだ?

と思われる人はきっと多いと思います。

私はそうでした



潜在意識を用いて読書をしなければ

速読がでいるようにならないことはわかった。

じゃ、それはどうやるのどういう感覚なの

この感覚がわからないのにいつかわかる日がくるのを期待し、

トレーニングを続ける。あまりにも時間がもったいない。

地図を持たない旅に出るようなもの。



潜在意識をつかった読書とはどういうものだ

という疑問に触れられている書籍がなさすぎるので、

私なりの見解を記載させていただきます

実際に以下に記載した内容を実践して、

簡易的に潜在意識での読書を体験してみてください






当サイトでは、高速眼球移動訓練を大いに推奨しています。

ここで紹介しているように手のひらを広げて、

1本1本指先に視線を動かしていきます。

最初はゆっくりでも良いですが、

徐々にスピードを上げて行きます。

そして、限界スピードに挑戦していきます。

くうううう、、、うまく動かせない。。。。

ぬぬぬぬぬ。。。と、脳みそが悲鳴を上げて、

体がもじもじしてくるかもしれませんが、

もうちょっと辛抱して続けてみましょう。

そうして、しばらく無理して頑張っていいると、



ある瞬間、自分の眼球の動きを通り越して、

意識だけが高速で

ジグザグ指先を移動している感覚がでてきます。


指先から指先に眼を動かすのが追いつかない、

眼球はほとんど動かしていない気がするけど、

意識の暴走といいますか、

意識だけは眼球をジグザグ動かしている感覚です。

はい、この自動的な感覚潜在意識の発動です



限界に挑戦するくらい一生懸命眼球を動かしていると、

潜在意識が手助けを始めてくれます。

一度、潜在意識が顔をのぞかせると、

後は意識的に限界に挑戦しようと思わなくても、

自動で動いてくれるような感覚です




潜在意識を用いて読書をするとは、

本を開いて、高速眼球訓練の要領で、

一行一行高速で 眼球を動かしていたら、

ある時、自分の目の動きを意識が超えて、

自動でどんどんなぞって行くという、

受動的な感覚がおこります


周辺視野状態になってきているので、

眼球ほとんど動いておらず(超微動)、

意識がどんどん一定のリズムで先先言ってしまう感覚です。

これが、潜在意識を用いた読書です




もちろんこれだけでは速読ができたことにはなりません。

意味の理解(処理)と、

大量の情報を思い出す方法(アウトプット)の

感覚も磨いていく必要があると思います。



どうでしたか?

実際に試してみていただけましたでしょうか。

まだ、文章の理解は伴いませんが、

眼球が自動で動いているような感覚があれば、

それが潜在意識さんです。

たったこれだけのことですが、

速読訓練の方向性を見いだすには大切な感覚になろうかと思います
記事検索
HOMEへ☆
bana_sokudoku01
速読のコツ(最新順)
皆さんからの貴重な情報
Amazonライブリンク
応援お願いします☆
今日もご訪問
ありがとうございました

にほんブログ村 本ブログ 速読・フォトリーディングへ

人気ブログランキングへ
おすすめ速読書籍☆

お薦めリラックス音楽☆
楽天おすすめ商品☆
楽天トラベル☆
google広告
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ