速読ライフワーク

独学で速読を習得することをライフワークと位置づけた私の速読ノウハウです☆ 眼球訓練と音声化を極力小さくする方法、周辺視野拡大に特化した速読訓練を行なっています。 速読初心者というよりは、挫折を繰り返している方に独学で速読を習得していただきたいと 切に願うサイトです。 フィードバックを求めるが故、無料公開させていただきます。

速読のコツ

周辺視野を維持しながら速読を行なうコツ(行間を読む)

当サイトや、

他の速読書籍を読むにつれ、

周辺視野を維持しながら読書を行なうことが

速読につながることは理解できるが、、、



速読訓練で周辺視野を意識して行なっていても、、



だんだん、

普通の読書の『 中心視野が優位に働いた状態 』になり、

『 周辺視野を優位にした状態 』を維持できない



という方は、是非以下の2点に留意して、

速読訓練を行なってみてください



『 文頭 』に視線をもっていかない

ことと、

『 行間を読む 』

ことです







『 文頭 』に視線をもっていかない

について解説します。


通常の読書は、

視線を、ページの右上の『 文頭 』に持って行くことから

始めていると思います。

あなたはもう、それを何年続けてきたことでしょうか



視線を『 文頭 』にもっていった瞬間、

パブロフの犬状態(条件反射)で、

ついつい、

普通の読書の『 中心視野を優位にした読書 』を

発動していまうのです


周辺視野を意識する場合、

視線を文頭に持っていかなくても、

『 文頭 』の最初の一文字は認識できるかと思いますので、

文頭の3文字でも4文字でも下の文字に、

最初の視線を持って行くようにしましょう



そうすることで、

『 中心視野 』が優位に出にくくなるはずです




つづいて、

『 行間を読む 』

について解説します。


周辺視野を意識して読むということはつまり、

『 中心視野 』で文字を捉えなければ良いのです。


本の、

『 行 』と『 行 』の間の『 行間 』に

視線を持って行くと、

中心視野は『 行間の白紙分 』をみてしまっているため、

文字を捉えようとすると、

周辺視野を用いるしかなくなるのです


必然的、強制的に、

中心視野を消失させることができるのです






先ほど解説しました、

『 文頭 』に視線をもっていかない

『 行間を読む 』

を意識した速読の眼の動きを図解すると、

下の2枚の写真のような感じです。 

IMG_0104
 順・逆に視線を動かす方法


IMG_0101
円を描くように視線を動かす方法

 

『 文頭 』に最初の視線を持って行かず、

また、

『 文字の上 』に視線を走らせるのではなく、

『 行間 』をできるだけ意識して視線を走らせて

いるのがわかっていただけたらと思います


これ以外にも、

どのような視線の動かし方においても、

この方法を応用して速読訓練に取り組んでみてください 

会話(しゃべり言葉)を文字にして頭に思い描く訓練

速読のやり方は、

ここ

で説明させていただいたように行ないます



ここ、に記載させていただいているように、

『 活字そのものをイメージ化 』することが、

速読中の意味を拾う時の作業として必要になってきますが、


その、

速読のためのイメージ化の補助訓練として、

いつでもどこでも思いついた時にできる、

『 会話(しゃべり言葉)を文字にして頭に思い描く訓練 』

を紹介させていただきます






人と会話している時、

会議中、

講義(授業)中、

話している人の言葉を、

そっくりそのまま、

『 頭の中に活字に置き換えてイメージする 』

のです




例えば、授業中、

『ここは重要だから、テストに出すからメモしておくように』

と、先生が言ったとすると、

そのしゃべり言葉をそのまま、

『ここ重要だから、テストに出すからメモしておくように』

『 文字 』で連続的に頭に思い浮かべて行くのです。



最初の慣れないうちは、ひらがなで構いません。

『ここじゅうようだからてすとにだすからめもしておくように』

という具合です。


慣れてくると『 漢字 』 も織り交ぜていきます

最初は一文字ずつかもしれませんが、

だんだん多くの文字数でイメージできるようになってきます



高速でどんどん『 話し言葉の活字 』をイメージするためには、

頭の中のどこにイメージするとイメージしやすいのか、

頭の外にイメージもできるのではないか?

等、試行錯誤しながら、

イメージしやすい場所をさがして行きましょう






この、

『 会話(しゃべり言葉)を文字にして頭に思い描く訓練 』

を行なっていると、

結果的に、

人の話を一生懸命聞くことになりますし、

頭の中のイメージを保管している場所に

つながっているので、映像も浮かびやすくなります



そのため、

普通に聞き流している時より、

相手が何を伝えたいのか、その意図を組みやすくなると思います


講義(授業)中や、仕事での会議中に、

 この訓練をしながら臨むと、

 いつもより内容を理解しやすくなるかもしれませんし、



人の悩み相談する時に、

 テクニックとしてこの方法を用いると、

 あなたは『 聞き上手 』と 言われるようになるかもしれません



速読の訓練となるだけでなく、

これらのように、生活の役にたつようなうれしい効果も期待できる、

おすすめの右脳トレーニングです 

速読するときの眼の力の入れ加減の感覚

速読する時の眼球の眼の力の入れ加減というのは、

非常に重要です   


よく、速読の書籍には、

『リラックスして、眼の力を抜きます』

という表現がされています。

まさにその通りなのですが、

呼吸法や、眼球ストレッチをして体の力は抜けても、

肝心の眼の力が抜けていない人が多いのかもしれません。


この、眼球の力の抜き加減というのは、

速読習得に、とても大切だと感じていますので、

一般に売られている速読の書籍には書いていないような

表現で記述してみたいと思います。

参考になれば幸いです。

(逆にわかりづらいかも  


   
これは違う 速読の際の眼の力の入れ加減     

 もぐらたたきをする時のような眼の力の入れ方
  もしくは、
  嫌いな相手を睨みつけるような眼の力の入れ方

  (眉間にしわが入るような眼の使い方をしているうちは、
   速読の眼の使い方ではありません)
  
  速読訓練初期の時、私はこのような感じでした。
  眼力(気合い)を入れても、眼球速度は遅くなるばかり 


 針の穴に糸を通す時のような眼の力の入れ方
  (一点に集中し過ぎです。
   周辺視野を用いなければなりません。
   まず、周辺視野という考え方があることをこのサイトで
   知ってください。)


 ウォーリーを探せをしている時の眼の力の入れ方
 (同じく、一点に集中し過ぎです 


   
伝わりにくくてすみません これが速読の際の眼の力の入れ加減    

 眠りが浅い時、 

  ご自身の眼球の動きに意識を向けてみてください。
 
  ものすごく微動していませんか?

  この動きは、人間なら誰でも、生理的な現象として行なわれている

  レム睡眠状態の際の、眼の動きです。


  レム睡眠とは睡眠中の状態のひとつで、

  身体が眠っているのに、脳が活動している状態であり、
 
  私が注目して欲しいのは、その際の眼の動きです。

  

  レム睡眠は、
 (レムすいみん、英: Rapid eye movement sleep, REM sleep)
  
  と英語でRapid eye movement『ウサギのような眼の動き』の

  頭文字をとってレム睡眠ですが、

  まさに、この時の眼の動きが、

  速読の時の眼の動きなのです      
  
  
   昼寝していて、眠りが浅い時や、
  
   寝入りばなの時や、

   朝起きて、二度寝する時等、

   お風呂でリラックスして、
   あれこれ空想を張り巡らしている時
 
  自分の眼球の動きに注目してください。

  ビックリするくらい、左右上下に速く動いています。
 
  自分じゃどうしても認識できない方は、
  
  人が眠っている時の眼球の動きをみてみても良いと思います。

  
  まさに、この時の眼の動きを、読書する時に再現するのです。

  まさに、その時の眼の力の入れ方を、読書する時に再現するのです。

  
  誰でも無意識の時には出来るのに、
  
  意識する時には、訓練を重ねないと再現できないものです。

  この、レム睡眠の眼の動きに到達するために、

  日々、速読訓練を行なうのです  



この感覚を身につける最短距離は、

当サイトで最も大切な訓練と位置づけている、

眼球高速移動訓練 をすることです。

この訓練を一日数分(朝起きた時がおすすめ )繰り返し続けていると、

気づくことができたり、近づくことができると思います。

速読も、他のスポーツを修練するのと全く同じで、

徐々に自分が順応、進化していくようなものです。

眼球高速移動訓練は、もっとも大切な基本訓練になりますので、

思いついた時に、いつでも行なってみてください。

ご発展をお祈りいたします 

周辺視野状態での視線の移し方のコツ・イメージ・工夫

周辺視野の状態にすると、
視界の中心の風景も、視界の周辺の風景と同等の
見え方になります。

周辺視野の状態に慣れないうちは、ちょっとでも視線が動くと、
周辺視野状態が崩れて、中心視野状態に戻っていました。

これは、視線の動かしすぎが原因だったのではないかと思っています。

周辺視野状態では、視野全体が同等のレベルで見えているので、
視線を大きく動かそうが、動かすまいが、同等の見え方しかできないです。
(とはいっても、視界の中心に近い法が見えやすいのは留意しておいてください。。)
だから、周辺視野の状態の時は、通常の中心視野の状態ほど、
視線を多く動かす必要がないのです。

視線の動きを最小限に抑えれば、
中心視野にも戻りにくくなるし、
視線を動かすたびの風景の揺れも減少するので、
文字などを認識しやすくなるというメリットもあることに気がつきました。


私の場合、周辺視野の状態での視線の動かし方のコツといいますか、
イメージは、最初のうちは、
『自分のおでこに大仏様のようなぶつをイメージして、
 そこから、ビーム光線がでているのをイメージします。
 動かしたい視線の先にビーム光線がでるようにイメージします。
 右方向を見たい場合は、右方向にビームを実際に発射しているように
 イメージします。
 左側の人を見たいときには、その人にビームを当てるようにします。
 左右同時に見て視界全体を捕らえたい時には、
 ビームを左右2本発射させるイメージをします』
というイメージで行って、コツというか、工夫をしていました。

慣れてくると、イメージしなくても周辺視野の状態で視線を動かす
ことができるようになるし、わざわざ眼に力をいれなくてもいいし、
眼を見開かなくても周辺視野状態をたもてるようになるかと思います。


周辺視野の状態にした時に、目を見開いた状態になってしまい、
同じところしか見つめられなくて、第三者から自分をみると、
目を見開いてどこに視点が定まっているかわからない危険な人状態に
なっている方には特に試してみてもらいたいコツです。

両目とも周辺視野状態になっているように心がける

高速眼球移動訓練を行っていると、周辺視野の感覚がつかめるように
なってきました。

その周辺視野の状態を維持して生活したり、
実際の読書を行っていました。

最近気がついたのですが、
どうも私が周辺視野モードにしていると思っていても、
片目は中心視野モードになっていることがあることに気がつきました。

周辺視野モードの読書(自分なりの速読)をしていても、
黙読によるブレーキがかかりがちになる時があるので、
何でだろうと自分の見え方を確認したところ
片目のみの周辺視野モードになっていことがあることに気がついたのです。

右目のみ周辺視野モードになっていることもありますし、
左目のみ周辺視野モードになっていることがあることもありました。

現状、両目が周辺視野になるように、
意識しながら読書を行うようにしています。


ご自身の見方が両目とも周辺視野になっているかどうかの確認は、
 ・周辺視野モードになって
 ・文字を見て
 ・片眼をつむって、もう片方の眼がどのように文字を捉えているかを確認します。
 ・同じことをもう片方の眼でも行ってみます
です。

周辺視野の見方ができているほうの眼から、
中心視野の見方をしているほうの眼にかわった時に
特に違いがわかるのではないかと思います。
記事検索
HOMEへ☆
bana_sokudoku01
速読のコツ(最新順)
皆さんからの貴重な情報
Amazonライブリンク
応援お願いします☆
今日もご訪問
ありがとうございました

にほんブログ村 本ブログ 速読・フォトリーディングへ

人気ブログランキングへ
おすすめ速読書籍☆

お薦めリラックス音楽☆
楽天おすすめ商品☆
楽天トラベル☆
google広告
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ